セレブ

エマワトソンの誕生日はいつ?ハリーポッターの過去を振り返って何を話した?

2021年4月16日

エマワトソンの誕生日はいつ?ハリーポッターの過去を振り返って何を話した?

エマ・ワトソンが誕生日を迎えました!『ハリー・ポッター』出身であるエマ・ワトソンのこの特別な日に、彼女の変遷を見てみましょう。

エマワトソンの誕生日はいつ?

エマ・ワトソンの過去と現在:31歳の誕生日を迎えた『ハリー・ポッター』スターの過去を振り返る

エマ・ワトソンが誕生日を迎えました!『ハリー・ポッター』出身であるエマ・ワトソンのこの特別な日に、彼女の変遷を見てみましょう。

エマ・ワトソンがまた一つ年を重ね、さらに賢くなりました!

彼女は4月15日に31歳の誕生日を迎えましたが、この大きな節目を記念しないわけにはいきません。

『ハリー・ポッター』シリーズでハーマイオニー・グレンジャーを長年演じてきたおかげで、女優であり活動家でもある彼女が、今日のような女性に成長するのを見守ってきた我々が、彼女の驚くべき変化を振り返るのは、いいアイデアだと思います。

 

2000年8月23日、バークレーホテルで開催された『ハリー・ポッターと賢者の石』のプレス向け写真撮影に出席したダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン[Shutterstock]

この若きスターは、映画化された『ハリー・ポッター』シリーズで前述のハーマイオニー・グレンジャー役を演じて有名になりました。

エマは幼い少女として登場し、2011年にシリーズが終了するまで、ティーンエイジャー、そして自信に満ちた若い女性へと成長しました。

まだホグワーツで授業を受けていた頃のエマは、レッドカーペットの上でキュートでゴージャスな姿を披露し、作品ごとに彼女のファッションセンスが成長していく様子も見ることができました。

エマのキャリアが次の章に入ると、彼女はより成熟した役柄に挑戦していきます。

彼女は、『ウォールフラワー』(2012年)、『ブリングリング』(2013年)、『ノア 約束の舟』(2014年)などの映画に出演しました。

同時に、彼女は大学を卒業し、2014年にブラウン大学で英文学の学部学士号を取得しました。

また、エマは自分のプラットフォームを使ってジェンダーの不公平さを訴え、フェミニズム運動の味方であり続けています。

 

2019年12月7日にニューヨークの近代美術館で開催された『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』の映画プレミアに参加したエマ・ワトソン

活動とキャリアを両立させながら、エマは魅力的で挑戦的な新しい役への扉を開きました。2017年、彼女は『美女と野獣』の実写化で、ディズニープリンセスのベルに命を吹き込みました。

2019年には、グレタ・ガーウィグ監督で好評を博した『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』の映画化で、メグ・マーチ役として、これもまた皆に愛される文学的キャラクターを演じました。

エマは、私生活に専念するためにキャリアを一時休止することを考えているという噂がありましたが、彼女は明らかに自分の将来を考えるための時間を取っているようです。

そのキャリアを通じて多くの人々にインスピレーションを与えてきた、彼女の将来がどうなっていくのか楽しみですね。エマ・ワトソンのこれまでの写真を見るには、上のギャラリーをご覧ください!

 

■参考記事

※Google翻訳をベースに読みやすくしております。表記やニュアンスに違いがある場合ございます。

-セレブ